社員座談会<新卒社員編>

  • HOME
  • 新卒社員座談会

TALK 01
小田象製粉 新卒社員座談会
~新入社員のぶっちゃけ本音トーク~

営業部企画開発課
神社有紀
平成31年入社

製造部製粉課
佐藤
令和1年入社

――小田象製粉を知ったキッカケは?
神社:佐藤くんが小田象製粉を知ったキッカケはなんだったの?
佐藤:僕、大学が高知で農学部遺伝子工学科だったこともあり、食品に関わる仕事がしたいと思っていたんです。岡山の合同説明会に参加してたまたま小田象製粉さんがブースを設けていたのが会社を知ったキッカケになりました。
神社:佐藤くんは石川県出身だけど地元に帰ろうとは思わなかったの?
佐藤:就活は全国区を視野に入れていて、地元に帰りたいとは思わなかったですね。岡山県には縁もゆかりもないんですけどね(笑)。神社さんは、何がキッカケで小田象製粉を知ったんですか?
神社:私は就活情報サイトで食品に関する会社を調べてエントリーしたのが最初かな。食べることが大好きなので、食品関連会社にすごく興味を持っていました。

――選考中の思い出について
佐藤:選考中、印象に残ってることって何かありました?
神社:実は中国に短期留学することが決まっていて、留学する前になんとか内定を決めたいとすごく焦っていました。面接練習に関する本もいろいろ調べたけれど、当然模範的な回答しか書いてないですよね。こんなので私のことが分かってもらえるわけがないし、内定もらえないでしょと。それで面接の前日に紙芝居を手作りしました。
佐藤:紙芝居ですか?!
神社:私が小田象製粉に入社したい理由、私を採用してもらうことのメリットなどイラスト入りで作りました。面接の当日、ちょっと見せたいものがありますと紙芝居をしたのですが、相当インパクトがあったみたい(笑)。
佐藤:それはすごいインパクトでしょうね。
神社:面接官の方は唖然としていたかも。でも、火事場の馬鹿力で、緊急事態になったら何でもやるというところを見てもらえたかもしれませんね。佐藤くんは?
佐藤:会社見学と一緒にパン作り体験があったんです。その体験がすごく楽しくて、小麦粉に俄然興味がわきました。それまでは正直、パンよりお米が好きで、パンにこだわりも全くなかったんですよ。
神社:そうそう。工場見学もパン作り体験もすごく楽しかったですよね。食は人を楽しませるんだなと思ったことも、入社の決め手になりました。

――現在の仕事内容について
佐藤:神社さんは企画開発課ですよね。
神社:SNSやYouTube投稿、広告の段取り、営業アシスタントなど仕事内容は幅広いです。企画開発というとすごくカッコイイイメージだけど、作業は実は地味。だけど一つのミスが大変なことになるので、責任も重いですね。
佐藤:僕は製造部製粉課で、小麦粉の製造を行っています。今は砂糖や塩、ラードを入れず粉合わせだけやっていますね。

――入社前と入社後のギャップについて
神社:私、広告のチェックの仕事なんかは、石原さとみさん主演のドラマ“校閲ガール”みたいな世界を想像していたんですよ(笑)。でも、意外と地味な作業が多くて、働くのは甘くないと思いました。佐藤くんはどう?
佐藤:入社半年で資産管理の資料や補助金申請の資料を作成したんです。こんなに責任ある仕事を入社1年目に任されると思っていなかったので驚きと同時に、本当にありがたいなと思いました。
神社:すごい!それは佐藤くんだったからじゃない? でもうちの会社はかなり大きな変革をポンと言われたりするので、責任感は感じます。
佐藤:ちなみにどんなこと言われたんですか?
神社:ECサイトの販売ではじめてAmazonの登録をしたんです。Amazonは購入するときは簡単だけど、販売となると法人番号を調べたり、クレジットを作り直したり、すごくハードルが高かった。はじめてのことに取り組むときは何でも時間がかかりますね。でもやればできるという自信はつきました。
佐藤:うちの会社の社長は変えるのならガラリと変えなさいという方針ですもんね。ところで神社さん、この会社の好きなところってどんなところですか?

――会社の魅力とは!?
神社:ライン活用講座や広報講座といった多彩な研修に新人の時から参加させてもらえること。すごく勉強になるし、モチベーションアップにもつながっていますね。
佐藤:確かに!研修に参加させてもらえるのは他社のやり方を見ることができ、ありがたいですよね。改善のアイデアをもらったりします。
神社:あと、定時に退社できるのもうちの会社の魅力だと思う。プライベートな時間もしっかりとれています。
佐藤:製造部も残業があるといっても30分ぐらい。みんなキッチリ定時で帰るので、30分でもすごく残業している感じがします(笑)。

――小田象あるあるについて
神社:佐藤くん、小田象あるあるといえば?
佐藤:試作で作った美味しいパンがいっぱいもらえる!市販のパンを買わなくなりましたね。舌が肥えてしまって。
神社:佐藤くんと結婚する女性は大変(笑)。
佐藤:いえいえ、出されたものには文句言わずに食べるので大丈夫です。
神社:でも、うちの会社に入社するとパンにはうるさくなるかも。私も美味しいパンを求めるようになりました。

――今後の目標について
佐藤:神社さん、最後に今後の目標とかやってみたいことは何かありますか?
神社:いま現在、仕事をこなすことが第一になっているので、しっかりとした目標を立てて達成できるようにしたいですね。例えば動画作成なら、再生回数の目標を決めたりね。今後はマーケティングの勉強もしていきたいです。
佐藤:僕は製造ライン全体を理解したいです。機械管理もできるよう、最近、電気工事士資格の勉強をはじめました。何か起こった時、何が原因なのか判断できるようになりたいです。製造ラインを安定して稼働させるために、今後努力を重ねて知識や経験を積んでいきたいですね。